item4
item4 Vacation 2005 item4
item4
metubou1
detail1
detail3
detail2
detail4

『日本画滅亡論』 exhibition view @中京大学Cスクエア

増殖する三瀬夏之介の表現世界

 近代以降、日本では画家は「日本画家」か「洋画家」かのいずれかに分類され、それ以外の単なる「画家」はまるで存在しないかのように今日に至っている。このような二極並立の例が他にあるのか寡聞にして知らないが、極く希少であることは間違いなかろう。明治の半ば、高まりつつあるナショナリズムと、洪水のように流れ込む西欧文化とのはざまに誕生した日本画は、近世までの日本や中国など東アジアの伝統的絵画表現(技法・材料・画題)を基調としながら、同時に西欧絵画の表現にも色目を使うという近代日本の生んだ鬼っ子である。その気働きの甲斐あってわが国での地位保全には成功したものの、それゆえ国際的にはマイナーな地位に甘んじることとなった。

 人為的に作り出された日本画の綻びはいまに始まったわけではないが、今日ほどさまざまな立場からその基盤が問われたこともないだろう。それは日本画を出自とする作家たちの中から、その枠組みを超え出ようとする動きにも表れており、三瀬夏之介はそうした若手の最右翼だ。

 大学で日本画を専攻した三瀬は、その出自ゆえ日本画の展覧会に招待され、日本画の賞を受けている。しかしこれは日本画家としてのキャリアには貢献しても、表現者(画家、美術家あるいは芸術家)そのものとしては何程の意味を持つのだろうか──と自問するところに三瀬の真骨頂がある。表現史の中に幾許かでも痕跡を残すような仕事を目指さずして何が作家かよ、という心意気である。そんな彼の作家としての自意識の前では、日本画という世間はあまりに狭く貧弱であるといわざるを得ない。

 さて、三瀬夏之介の表現自体についてであるが、ここでは特徴ある技法や画材からその特質を語ることは止め、何を描いているのかという点に絞ってみたい。三瀬が繰り返し描くモティーフは山、寺院の堂塔やマンション、住宅、大仏、アダムスキー型空飛ぶ円盤、舟、いくつかの記号などなどで、これらの多くは自身が住む奈良に取材しているらしい。それが小品では単体で、大画面ではモティーフの幾つもが渾然と重なりあって配される。奈良はかつて都であった地であるが、いまや関西の、そして日本の周縁である。これは日本がアジアの、そして世界の周縁であるという地政上の比喩ともなる。中心ならぬ周縁ゆえに、三瀬の表現がユニヴァーサルであるということをまず指摘しておきたい。

 次いで、どのモティーフも「であるらしい」としか言いようのない、断定を拒むような宙吊り状態で表されている。この不安定な視座は、表現者として引き受けざるを得ない歴史的地理的制約や現実に真摯に向き合おうとする、作家の戸惑いを含んだ省察そのものではないか。三瀬の作品から得られる印象は、絵空事というよりも、次々と継起する出来事をリアルタイムで目の当たりにさせられているというものなのだ。それはひとつのイメージが次のイメージを呼び、さらに新たなイメージを生み増殖し続けるという手法から来ているのかも知れない。

 今後一年間、三瀬夏之介は日本の古都奈良からイタリアの古都フィレンツェに居を移すとの由。それが何をもたらすのか、当面私にはこの作家の仕事から目を離すことができない。

                      中京大学Cスクエア キュレーター 森本悟郎

back