item4
item4 Vacation 2005 item4
item4
ray3
ray

『スター・ナヴィゲーション』 exhibition view @ギャラリーRay

『星の航海術』

 

「僕は星が気になります」

 

なんとなくですが、周りにいる同世代アーティストもそうなのではないかという直感がありました。

そんな中、ポッと口にでた「キラキラ☆ジェネレーション」という言葉に同世代アーティスト3人がのってくれました。ここで僕の直感は確信に変わりました。

 

「僕らにとって星は重要だ」

 

そこでポッと頭に浮かんだテーマが「スター・ナビゲーション」です。

 

「スター・ナビゲーション」とはポリネシア、ミクロネシアなどの一部で伝承されているカヌー航海術のことです。

文字も航海計器も持たなかった彼らの祖先は、周りに見える自然現象の法則を経験的に学びとり、針路を定める方法を「星の歌」として遺し、口承してきました。しかし、その航海術は、人類拡散の歴史の終わりと同時に必要性を失い、「星の歌」も、自然と消滅していったのです。

 

ここ最近の私の制作行為は「スター・ナビゲーション」だということができると思います。和紙のに流した墨の海原を、そのにじみ、ぼけといった自然現象に導かれながら「星の歌」を歌っています。

 

制作者の私でさえまだ分からない、彼の地へと進む軌跡がギャラリー空間を埋め尽くすでしょう。

                                    絵描き 三瀬夏之介

back